阿寒摩周国立公園が舞台!デジタルアートを体験できる新アトラクション【本日から開催】

阿寒摩周国立公園が舞台!デジタルアートを体験できる新アトラクション【本日から開催】

阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイ ルミナ』

最新テクノロジーでよみがえるアイヌ伝説

阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイ ルミナ』

豊かな自然を有する北海道の阿寒湖摩周国立公園で、新たに始動するプロジェクト「阿寒湖の森ナイトウォーク『KAMUY LUMINA(カムイ ルミナ)』」。プロジェクションマッピングやシノグラフィー(光と音の舞台装置)といったデジタルアートによって、動物などの姿が夜の森の中に映し出されストーリーが展開していきます。

タイトルの中の「カムイ」とは、アイヌ語で神様を意味する言葉で、今回のプログラムは同地域固有のアイヌ文化を伝える物語となっています。来場者も登場人物の一員となったような感覚で、森の中を歩いて物語を体験できるような新しいスタイルのアトラクションです。

カナダ「Moment Factory社」が手掛ける光と音の世界

今回のプロジェクトは、阿寒湖アドベンチャーツーリズム(阿寒DMC)と、カナダケベック州にあるマルチメディア・エンターテイメント・カンパニー「Moment Factory(モーメント ファクトリー)社」の提携により実現。同社が制作する「Lumina Night Walks(ルミナ・ナイトウォーク)」シリーズの世界10作目の作品で、シリーズ最新作となるそうです。

自然の中で光や音で演出された世界へと引き込まれるような、新感覚のエンターテイメントを体験できます。

コンセプト

阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイ ルミナ』

「阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA(カムイルミナ)」を運営する阿寒アドベンチャーツーリズムによると、今回のプロジェクトはこれまで同地域が取り組んできた「国際観光街づくり」の一環として、同社と阿寒観光協会まちづくり推進機構(阿寒DMO)、釧路市の連携によって実現したといいます。また、阿寒湖の自然の持続可能性を考慮し、環境を守りながら楽しむ「アドベンチャーツーリズムの国際拠点づくり」という観点も大切にしながら推進されます。

阿寒湖温泉地域が、明治時代から重点をおいてきた「自然との共生」。今回のプロジェクトでは、そのコンセプトを来場する人にも体験してほしいというアイディアから、アイヌの伝説をベースにしたストーリーが展開されます。

会場はどうように楽しむの?

阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイ ルミナ』

プログラムは夕暮れと共に始まり、会場となるボッケの森遊歩道約1.2kmの道のりを歩きながら、ひとつのストーリーを体感できるような仕組みになっています。アイヌの神の世界を目指すというストーリー展開の中、映像や音楽、光の演出が各所に出現、参加しながら進んでいきます。

来場者は、会場の入り口で渡されるアイヌの杖をモチーフに作られた光輝く「リズムスティック」を手にしたら、アイヌの神カムイの世界への冒険に出発。コース内には係員が巡回しているので、夜でも安心してエンターテイメントを楽しめますよ。

来場者も参加できるワクワクのストーリー

阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイ ルミナ』

アイヌの世界には、動物たちの魂を神の国へ送るという、とても大切な大切な儀礼や作法が存在します。それをないがしろにし、動物や自然を敬わなくなった人間たちに対し、アイヌの神「カムイ」は怒り、食料となるシカや魚を人間の世界に送ることをやめてしまいます。

アイヌの村の守り神であるフクロウは、飢餓に苦しむ人間たちにもう一度チャンスをあげたいと考え、カムイの世界へメッセージを届けられる使者を探したところ、出会ったのは不器用ながらも森一番の美しい歌声を持つ小鳥のカケス。カムイのために歌うことがカケスの夢でしたが、リズムを取るのが苦手であきらめていました。そこでフクロウは、あなたにカケスの手助けをしてくれないかと頼みます。

来場者は、入口で手渡される「リズムスティック」で、リズムをはずしてしまう小鳥のカケスを手助けします。「リズムスティック」は、今回のプロジェクトのために地元アイヌの人と協力して作りあげられたそう。アイヌの人たちが大切にする自然の木製の音が採用されています。会場内にある演出とリズムスティックが連動した仕掛けが楽しめます。

下記のビデオでは、「リズムスティック」がどのようにして作られたかが詳しく解説されています。

阿寒湖の森に動物たちが戻ってきてくれることを願い、フクロウとカケスと一緒にカムイの世界へと神秘の冒険をはじめましょう。
 


【阿寒湖の森ナイトウォーク KAMUY LUMINA(カムイルミナ)】

開催期間: 2019年7月5日(金)~2019年11月10日(日)
※ 冬季は休業し翌春より再オープン。2020年の開催は5月下旬~11月上旬を予定

開催時間:日没の30分後より開始~22時30分(最終入場時間)
※ 雨天決行(雨具携行)、荒天の場合は中止

所要時間:50~60分 (約1.2 km)

開催場所:阿寒摩周国立公園内 阿寒湖温泉ボッケの森遊歩道
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目5-20
アクセス:阿寒湖温泉街から徒歩5分

入場料 (※未就学児は無料)
・当日料金:大人 3,000円、小学生1,500円
・前売料金:大人 2,700円、小学生1,350円
・障がい者割引料金: 大人1,500円、小学生750円
チケット予約・購入方法
・「カムイ ルミナ」公式ホームページで事前購入
・「カムイ ルミナ」チケットブース、阿寒湖アイヌシアター「イコロ」窓口 (※ 7月5日より販売開始)
・阿寒湖温泉街の旅館、ホテルのフロント

運営:阿寒アドベンチャーツーリズム株式会社
公式サイト:http://www.kamuylumina.jp/

 
写真・取材協力: 阿寒アドベンチャーツーリズム


Source: tabizine

お役立ちカテゴリの最新記事